春の献立

町田界隈は、さくら満開ですね。当院から見えるさくら並木もピンクの花びらに彩られています。そんな今日の食事がこちら。

さくらの風味が香る“さくらごはん”です。これは、塩漬けの桜をベースにレンコンや人参が入ったもので、大量調理用にこうした炊き込みごはんの素が販売されています。粥の方は、また別のメーカーの“桜寿司の素”。こちらには、レンコンなどの硬い食材は入っていないので、お粥用に使用しています。どちらも、さくらの風味と塩味が絶妙で、この時期にはとっても便利な商品です。

この日は、さくらごはん、松風焼き、いんげんのソテー、酢の物、なめこの味噌汁のメニューでした。あっさり系の昼ごはんに続き、夕飯には大人気メニューのエビチリが登場。このエビチリは、本格的な中華料理と同じ工程で調理しているので、エビのプリっとした歯ごたえも楽しんでもらえると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。