よしの菜園~冬野菜収穫に向けて~

すっかり秋…というより、冬を感じさせる気温になりました。食中毒のリスクが高い夏場を安全に乗り越えられて一安心です。とはいえ、ノロウィルスは、冬にかけても多く発生するので油断ができません😣手指衛生と体調管理は徹底していきます。

そんな日々ですが、よしの病院の献立も徐々に秋冬仕様になっています。夏場は、避けていた白和えや温泉玉子、みんな大好きマヨネーズ系のサラダ(ポテサラなど)も順次提供していく予定です。冷やし麺は封印し、あったかい麺になります。先陣を切って、先日“カレーうどん”を提供しました。このメニュー『年に数回の提供』&『麺は日曜日が多い』などの理由もあり、よしの歴6年目の私も初めて食べました。豚肉と油揚げが入っていてジューシーで美味しかったです。しかし、カレーうどんは、とび跳ねのリスクあり!白シャツを着た事務職員や白衣のドクター数名は着替えを余儀なくされていました🤣

さてさて、よしの菜園二年目の冬が始まります。夏の間、水やりや草取り、収穫にご協力下さった皆様、ありがとうございました。Y検査技師、堆肥の購入・運搬ご苦労様でした。

最後まで頑張ってくれていた夏野菜達に別れを告げて、畑には肥料や苦土石灰、堆肥を混ぜておきました。ほどよくなじんだところに、冬野菜達を植えます。

まずは、九条ネギ これは、3本くらいを束にして植える(町田苗センターの方に教えて頂きました)そうなので、こんな感じにしてみました。これで合ってます?

そして、ブロッコリーとケールのかけ合わせたというケロッコ(アレッタ)も植えてみました。このケロッコはブロッコリーとケールを掛け合わせて生まれた野菜で、2011年生まれのまだまだ新しい野菜です。

ブロッコリーは栄養価が高いことで知られている野菜ですよね。そして、ケールは青汁の原料として有名です。栄養価がとても高い野菜なのですが、独特の苦味があり好き嫌いが分かれる野菜でもあります。

ケロッコは、ブロッコリーとケールのいいとこ取りをしたような野菜で、栄養たっぷりの野菜なんだそうです。なんと、つぼみには、ブロッコリーの約3倍のカロテンやビタミンKが含まれているとか。カロテンには、免疫の働きを良くしたり、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあります。また、ビタミンKは骨のたんぱく質を活性化するため、丈夫な骨をつくるのには欠かません。

これから、どんな成長を見せてくれるのか、楽しみです。

そして、こちらがこれから蒔く予定の野菜 はつか大根 サラダほうれん草 春菊です。はつか大根は、タイミングが合えば、収穫を患者さんに体験してもらいないな~という思いもあり。虫が付きにくい葉物野菜は、サラダに混ぜて提供する予定です。これから、楽しみです。

夏のランチメニュー

8月も後半ですが、暑い日が続いていますね。こちらは、暑い日にぴったりのメニュー冷やし中華です。よしのでは、具をミックスサラダにして、どどんと麺の上にトッピングするその名も“サラダ冷やし中華”。野菜と卵と蒸し鶏をひと口大にしたものが乗っています。サイドメニューは、厚揚げの生姜醤油とスイカです。

厚揚げの横に添えてあるのは、よしの菜園で収穫した“しし唐”です。数日収穫した分を貯めて貯めてようやく180個に到達!晴れて小鉢での提供が実現しました。料理のわき役として、しっかり彩りを添えてくれました。

ある日の献立

お盆時期に台風8号が直撃した町田ですが、大きな被害はなかった様子で安心しました。

今日は久しぶりの献立紹介です。

コーンごはんとカレイのベシャメルソース

今日は、ほんのり甘いコーンごはんとカレイのベシャメルソースの組み合わせてみました。この献立を導入する際、最初のイメージはグラタンでしたが、大量調理では再現が難しく、具だくさんのベシャメルソースを魚のムニエルの下に敷いて仕上げることにしました。

主菜がふんわり食感なので、歯ごたえのあるコーンごはんでアクセントをつけて。二つの小鉢はキャロットラペ、ほうれん草とベーコンのソテー。そして、スープではなく、あえての味噌汁を添えて。

全体が洋風のメニューでも、味噌汁があるとほっとするんですよね。

天空菜園~夏野菜の収穫~

今年で2年目のよしの菜園ですが、現在の畑はこのような状況です。

コンクリートの地面にレンガで囲いを作っただけの簡単な菜園なのに、こんなにしっかりお野菜達が育っています。いつも業務の合間を見て、お世話してくれる職員のおかげですね。

でも、やっぱり地植えじゃないので、難しい面も…。土の深さが30㎝くらいしかないので、日照りが続くとすぐにぐったり。なんとか、こまめに水をあげてここまできました。

きゅうりは和え物やサラダ、ナスとモロヘイヤはお味噌汁、大葉はどんな料理にもちょい足しできて、良いアクセントになります。

皆さん、もし献立表に記載されていないのに味噌汁にこれらが入っていたら、それはよしの産野菜♪採れたての味をどうぞ。

写真にはありませんが、スペアミントもなんと2年目を迎えています。病棟の午後のティータイムにミント水として提供しています。特に女性の患者様に人気とのこと。嬉しいですね。

~🎋七夕そうめん(うどん)~

今日は七夕ですね。

当院でも、天の川に見立ててそうめんの上に細切りの具をトッピングした“七夕そうめん”を提供しました。

直前に茹でて冷水でしめて、盛り付けて…年に一度の献立なのに、写真を撮る余裕がなく、こちらの画像はわたしの分をパシャっと。

よく見るとそうめんではなくうどん🤣🎋 実は、そうめんが足りなくなって、職員数人はうどんで頂きました。

不安定な天気が続いているので、今夜天の川は見えるかな?

~冬野菜から夏野菜収穫に向けて~

こんにちは。よしの病院の屋上菜園も二年目に突入しました。

冬の間は、ほうれん草や小松菜、春菊などを細々と収穫しつつ、試しに玉ねぎの苗を植えてみたり。そして三カ月後こんな感じでちゃんと玉ねぎになってました😆新玉ねぎのサラダにして、美味しく頂いています。

冬から春にかけて、忘れられがちだった菜園ですが、そんな時でも検査技師さんを中心とした園芸メンバー(随時募集)が、せっせと草取りをしたり堆肥を混ぜたりしながら、少しずつ土を改良。確実に去年よりもパワーアップした畑になったと思います。

今年は、きゅうり、なす、しし唐の苗を仕入れ、モロヘイヤ、バジル、パクチーの種をまきました。去年青しそを植えたエリアは、種がたっぷり落ちていたようで、早くも青々としたしそ絨毯になっています。来月には、薬味としてふんだんに使えそうです。

🌸春のお弁当給食🌸

GW直前の4/28日、春の行楽弁当をイメージしたお弁当給食を提供しました。

梅しらす・ワカメの二種類の🍙、手作り唐揚げ、その他、弁当の王道であるウィンナーや卵焼き、屋上で収穫したパセリも添え、デザートのワッフルも詰め詰め…。

昨年秋に続いて、二度目の🍙弁当ということで、すっかり握るのにも慣れて125gの🍙を感覚で握れるようになりました😆

ひたすら唐揚げを揚げ続ける調理師さん、手分けして盛り付ける調理補助の皆さん、おかずを一口大に切った弁当何個、お粥用が何個、治療食用が何個と、細かな計算して的確な指示を出す栄養士さん、皆がそれぞれの役割を遂行して、予定通りの時刻に提供することができました。

連日雨が続いていましたが、この日は昼から晴れ間が🌤病棟内の中庭のベンチでお弁当を召し上がった患者様の姿もありました。

~ある日の夕食~

こんちには。今日の夕食は患者様にも人気の天ぷら盛り合わせでした。

この日は、エビ、ちくわ、いんげん、さつま芋 あらためて写真で見るとすごい画力😆からっと揚がっている様子が伝わりますか?この後、蓋をして配膳車にセットするので、サクサク→しっとりに変わってしまうんですけどね…😑でも、私はしっとり天ぷらもそれは、それで好きです。別添の天つゆをこれでもかと染み込ませて、ごはんにのっけて食べると思います。

ちなみに、これら全部一人の調理師さんが揚げてくれています。4点盛り×120食(お粥の方は別メニュー)なので、約500個の天ぷらを揚げたんですね…。調理には技術と体力が必要だと痛感します。

天ぷらメニューは、いつも夕食なので、患者様が召し上がっている様子は見ていないのですが、記録を見ると残食が極端に少ないので、きっと喜んで頂けているのでしょう。

おさかなの献立

こんにちは。今日は、ボリュームたっぷりのお魚献立のご紹介。

こちらは、ある日の土曜日のメニューで“メダイの竜田揚げ、春菊のツナサラダ、磯風味温奴、かき玉汁”です。身がしっかりしたメダイを生姜を効かせた下味に漬けて、ガッツリ系に仕上げています。

写真では付け合わせがレタスになっていますが、みんなは千切りキャベツでした。職員食分で少し足りなくなったので、屋上のレタスを添えて提供しました。

この竜田揚げ、ちょっとレモンを絞って食べるのもいいな♪と感じました。

よしの病院の日曜ランチ🍴

日曜日のお昼ごはんと言えば、やっぱり麺!という方は多いのではないしょうか。

よしの病院でも、日曜のお昼は麺メニューになっています。(月に一度サンドイッチの日もありますが…)

こちらは、茄子のボロネーゼです。うどん、そば、ラーメン、焼きそば、パスタなどの麺類を季節に応じて提供しています。もう少し暑くなってきたら、ぶっかけ冷やし系のメニューも登場します。

麺メニューは、もちろん職員にも人気なのですが、オーダーが入るたびに仕上げるため、通常より多くのスタッフが必要となります。そうした理由で、平日に麺を出すのは、月に一度となっています。